賃貸マンション探しは楽しくも慎重に

引越しを思い立ち賃貸マンションを検討する時期、タイミングは人それぞれですが、みな兄かしらの理由があって引越しをします。家族が増えたり子供が大きくなり部屋が手狭になったとか、住む場所と勤務している場所の距離を縮めて効率よく生活したいとか、転勤になり新しい生活の為に転居するとか、どんな理由であれ、その後新しくスタートする生活には多少なり人生の新しい舞台が予想され、これまでの生活から一歩踏み出していく門出ともいえるタイミングです。 なかには、やもうえず引越しをしなくてはいけないという理由もあると思いますが、結果的に新しい住まいではじめる生活には少しなりとも明るい要素を求め、新居は人生が変化を遂げる舞台となります。新居が決まると新生活に望む決意もモチベーションもアップするというような経験がある人も多いのではないでしょうか。

そんななか、賃貸マンショの検討や契約、または退去時には様々なトラブルもつきものです。不動産業界で働いた経験のあるひとでなければ理解できない専門用語の契約書、確認すべき事項は多岐にわたり、物件ごとに住まうための規定や個別の特別な決まりごとも設けられていることが多い不動産の契約ですので、思い違いからのトラブルも多いようです。 一般的に不動産の契約は人それぞれですが一生のうちに何度か経験するだけの特別な行事です。契約時に関わった不動産の「仲介」担当者や会社は、数年後の退去時には関わりを持つことが少ないため、入居後の生活の中で起こったトラブルは契約時にさかのぼって確認しようも難しく、責任の所在を追求し難いという業界の性質もあります。ここでは、不動産業界に馴染みの少ない人にもわかりやすく、トラブルになりやすい賃貸マンション検討のポイントをいくつか紹介しながら、賃貸マンションを探す場面や検討段階で気をつける点を提示し、明るい未来のための賃貸探しをサポートできる情報を提案してゆきたいと思います。

このページの先頭へ